子宮頸がんになる確率。20代女性は何人に1人?死亡リスクは?

「20歳で子宮頸がんにかかる確率が知りたい。」「子宮頸がんの死亡率は何人にひとりかな?」という女性へお答えします。

20代の女性が子宮頸がんになる確率と死亡する可能性を調べました。

子宮頸がんは20歳だと「73人にひとり」の女性が病気になります。

上の画像はがん情報サービスがまとめた確率データです。

すべての女性が子宮頸がんになる確率を現在年齢を5歳刻みで表にしてます。

○年後や一生涯でどのくらいの確率か何人に1人が子宮頸がんになるかわかります。

  • 20歳なら生涯で1.367%、「73人にひとり」がなります。
  • 25歳一生のうち1.357%、「74人にひとり」がかかります。

子宮頸がんの原因は男性との性交渉でHPVにウイルス感染し発症します。

最近は性生活の低年齢化によって若年層に子宮頸がんが増えてきてます。

20歳と25歳でも確率はひとり分しか違いがなくほぼ同じです。

子宮頸がんに一番なりやすいピークの年代といえます。

100%ではありませんがコンドームでHPV感染の予防効果があります。

妊娠したいとき以外はコンドームの着用を男性にお願いしましょう。

 

子宮頸がん死亡率は20代女性で「339人にひとり」です。

この画像は子宮頸がんの死亡する確率が5歳ごとでまとめられたデータです。

現在24歳なら25歳の確率でわかるように近い年齢を見ると女性が子宮頸がんで死亡するリスクがわかります。

20代だと生涯で0.295%、「339人にひとり」が亡くなります。

20歳と25歳では子宮頸がんの死亡確率が全く同じです。

年齢が若いと子宮頸がんの進行が早いです。

20歳でも29歳でも見つかったら悪化する前に治療すれば亡くならないし妊娠の可能性もあります。

年齢に関係なく早期発見が望ましいです。

 

ちゃんと予防すれば子宮頸がんにならなくて済みます。

20代は学校を卒業したばかり、就職したてでまだ結婚や妊娠まで考えてない女性も多いです。

正直なところ、いまの男性パートナーと交際が継続するかもわかりません。

  • 性交渉の時は男性にコンドームをつける。
  • 子宮頸がん検診を受けて健康体でいる。

避妊のためにもHPV予防のためにも性交渉ではコンドームを装着しましょう。

HPVに感染してもほとんどは自然消滅します。

ウイルスが残ってしまったら最終的に子宮頸がん検診で見つけることができます。

人間のすべてのがんは病気になってから症状が出てわかりますが子宮頸がんはがん細胞になる前に発見できます。

一度でも性交渉の経験がある女性は検査をして初期段階に治療しましょう。

検査キットならHPVにウイルス感染してるかも調べれので検討してみてはいかがでしょうか。

→kensa.bizの検査キットのレビュー口コミ!はこちら

 

「検査キットって何?」と初めて知った女性は、こちらからどうぞご覧ください。

→子宮頸がんの検査キット入門ガイド。はこちら

使い方、料金、結果がわかる
検査キットまとめ

「自分でできる検査キットってなに?」という女性へ。郵送で病気を調べれるセットがあります。詳しくは、別の記事でご説明しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください